旅行・地域

2009-09-21

ワット・ポー

namiツアーその③です。


 ドーン・ホイローよりバンコクへ
 30分ほど走ると、前方にドス黒い雲が立ち込め、遠くで雷神が見える きっとバンコクは大雨だろうと覚悟… 大雨で渋滞もはじまっているし、さて次はどこへ??
 往路でお寺も1つぐらいは見ようと話していたので、当初ワット・ポーと予定していたものの、天気や閉門時間、渋滞が気になり決めかねる(^^;

 高速は意外と空いていて、16:00にはサムヤーンの出口へ。小雨だしドライバー君は反対していたけど、「やっぱりワット・ポーへ行きます!」と決める。


Wat Pho(ワット・ポー)
 
 ワットとは寺のこと。バンコクでも有名なワット・ポーは観光スポットで有名です!
 小雨の中、改装工事中の境内へ入るも、慌てていたので巨大寝侶像の場所を間違えましたが、なんとか到着。

Wat_pooWat_poo_2008 煌びやかなタイ独特の装飾がある寺。今回は工事中だったので、右の写真は去年撮影したもの。

 この中に大きな仏像が奉られていますが、今回は扉が閉まっていて見られませんでした。








 仏像堂で入場券をチェックされた?!これまで4回以上行ってるけど、チケットを求められたのは初めて。しかも20B→50Bに値上がりしています(;_;) でも、「あっちの入り口に人が居なかった」と言うと(事実だし)、OKと言ってくれてただで済みました

Wat_poo_butta3Wat_poo_butta4















Wat_poo2Wat_poo_butta5 空いていたおかげで、色々な角度から見ることができ、クリアな写真が撮れました♪

 20Bお布施して小銭に換え、タンブン(徳を積む)を行います。
 ぴったり全ての器に小銭を入れると良いそうですが、同僚kさん以外は小銭が足りず^^;

 後ろ姿がちょっとかわいい。
 ドリアンのような頭。



 この後、総本山で知られているワット・ポー・マッサージを受けました♪
 220B/30分・・・こちらもかなり値上がりしてますねぇ…
(バンコクの相場と比べても割高ですが、総本山ですから!)

Wat_poo4Wat_poo3











 短時間でしたが、落ちて行きそうになりつつ、たまに痛くて眼が覚めました~
 スクンビット店より、こちらの方がイイかな?!


 すっかり日も暮れ始め、ター・ティエン(ティエン船着場)へ夕日とワット・アルンを眺めに行きました。 もう少し遅い時間だとライトアップがはじまるんですが、夕暮れのチャオプラヤー川もなかなかロマンチックですね~

Wat_arunThaa_tien
















Imgp4562s




以前、ローイ・クラトン(灯篭流し)で撮影したもの。








 また観光で観に来てね♪

続きを読む "ワット・ポー"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009-09-20

ドーン・ホイロー Don Hoi Lot

namiツアーその②


Don Hoi Lot(ドーン・ホイロート)
  Samut Songkhram(サムット・ソンクラーム県)
 (wikipedia)http://en.wikipedia.org/wiki/Don_Hoi_Lot

 ダムヌン・サドアック水上マーケットから車で30分弱。(バンコクから車で1時間ちょい)
 海沿いに面し、タイ人ファミリーが、潮干狩りやシーフードを食べに遊びに行く場所。外国人にはあまり知られていない。

 タイ人の友達が連れて来てくれて以来、わたしの超お気に入りスポット
 夫とも来たことがあり、夫が食べられる=たいていの日本人OK!という方程式(^^ で、同僚kさんも大丈夫だろうと判断♪


Kun Pao Don Hoi Lot Restaurant(クン・パオ)
 www.thailandseafoods.com

 海沿いの道に何軒も連なるシーフードレストラン
 一際人気で人が多いお店が、グン・パオ・レストラン!

 駐車場は常にいっぱいで、かなり混んでいました。

Kun_paoKun_pao1 表では招きサル
入り口ではシャム双生児(結合双子)像がお出迎え♪









 


 滝やミニジャングルや、色々あって子供の遊び場にうってつけ!
 海の上に建っているオープンエアーの店内は、海風が心地良い♪

Kun_pao0Kun_pao2











 運良く海側の席が1つ空いていた☆ラッキー
 目の前に干潟のシャム湾を眺めながらの食事

 以前はメニューがタイ語だけでしたが、英語&写真付きの新しいものに一新♪すんなりオーダーできましたよ(^_-)

Ken_chuu_muusapKao_pad_ruammid











Puunim_tood_kuratiamYam_talee












 ホイロー(ト)というマテ貝の産地ですが、無難なメニュをオーダー。

トム・ヂュー・ムーサップ(豚挽き肉の済まし汁) ※シーフード入り
トード・マン・グン(エビ脂揚げ)
カオ・パッド・ルアムミッド(ミックス炒飯) ※シーフードミックス
プー・ニム・トード・ガッティアム・プリック・タイ(軟らかいカニのガーリック&胡椒揚げ)
ヤム・タレー(シーフード和えサラダ) 

 絶品で一押しながら、前にオーダーを失敗した…
 ソフトシェルの唐揚げは、とにかく美味しい やはり新鮮なので、軟らかくて臭みがない。前回間違えた、プーニム・トード・プリック・タイ(胡椒揚げ)よりも美味しい!

 ヤム・タレーは激辛で、わたししか食べられなかった^^;

Kun_pao3_2
 お腹も満たされ、しばし海風にあたりながら団らん。

 あっという間に満ち潮がはじまり、帰る頃にはレストランの下まで満ちて来ました!







 食後に目の前(道路沿いに軒を連ねる)のタラート・タレー(シーフード市場)を散策。干物や海産物、カピ、野菜・果物など色々なものが売っていて、タイ人で賑わっています♪

Talaat_don_hoi_lot0Hoi_lot_2











 ホイロー屋台もあります♪
 ちょっと気持ち悪い形ですが、味はあさりのようで美味しいですよ~

Talaat_don_hoi_lot3Talaat_don_hoi_lot4











 タイ人は、カブトガニも食べちゃいます!(日本では天然記念物)
 焼きカブトガニ屋台のにいさん、じ~とカメラ目線。

Talaat_don_hoi_lot2
 カマちゃん系?のお姉さんに作ってもらった、チャオクウェイ(仙草のゼリー)のジュースを、魚の形の陶器でいただきました♪
 ゼリー10B+陶器10B。バンコクよりはるかに安い。







 道路沿いに広がる市場。タイ人は本当に良いモノを知ってますね~♪
 海に突き出ているのが、シーフードレストラン群。

Talaat_don_hoi_lotSuwan_paramu2










 Suwan_paramu2_2

 岬に沿って、ラマ2世が奉られているお寺の公園があります。

 船着場もあり、遊覧もできますが、タイ人ファミリーはレジャーシートを敷いて、潮風に当たりながら、市場で買ったシーフードを食べて、ゆったりと休日を楽しむんですね



 こんな近くにゆっくりできる場所があり、バンコクは本当に良い場所だと痛感しました
(同僚kさんは、インドから来たのでなおさら♪)   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タラート・ナーム・ダムヌン・サドゥアック

初タイ出張中の同僚kさんをご案内した、
namiツアーその①です♪


Damnoen Saduak Floating Market
 (ダムヌン・サドゥアック水上マーケット)

 ラー(チャ)ブリー地区
 http://floatingmarketsthailand.com/ratchaburi.html


Damnoen_saduak0 タラート・ナームとは、タイ語で水(ナーム)・市場(タラート)のこと。水上マーケットをタラート・ナームという。

 バンコクから車で1時間半。
 ラーブリー地区のダムヌン・サドゥアックにある水上マーケットは、タイのガイドブックやツアーに必ず入っている有名な観光地。観光用に作られた水上マーケットなんです!

 地元では、アムパワー水上マーケットの方が生活観があり人気なんですが、夜遅くなるし、観光地はあまり行かないので、こちらにしました
(日本からのお客様がいないと、夫も付き合ってくれないので^^;)


 朝9時に出発。(ちょっと遅めですが、仕事疲れの2人にはこれでも早い)
 多少の渋滞と、お客様を乗せているからかドライバー君もいつものハイスピードから少し控えめの運転で、10:45に到着!

 早速、中央の橋の上からメイン市場を撮影♪

Damnoen_saduak_2Damnoen_saduak2 ツアー客で混みあう時間を過ぎていたせいか、予想より人は少なめ。

 おかげで散策しやすく、並ぶこともありませんでした








 色々な屋台船があり楽しい♪
 油が煮えたぎる船は危なそう…おばちゃん火傷に気をつけてね~

Damnoen_saduak3Damnoen_saduak4












 周辺は無数の水路になっており、数分のところに何件ものボート乗り場(エンジン付き)があります。 ドライバー君が「タールア(船着場)がなく、クン・ルア(船に乗る)できない」と言っていたのですが、多少高いけど市場内部に手漕ぎ船乗り場があります。


Damnoen_saduak5 1人で200B/1hが相場。あまり時間がないので150B/30分で妥協…かなり高め^^;
 お客さんが一緒だし、空いてるし、たまにはね(^_-)

 エンジン付きと違い、静かにの~んびりと船は進み、しばしまどろみの時♪

 水は綺麗じゃないけど、水の上は癒されます。
 が、中央付近に近づくと舟の大渋滞!


Damnoen_saduak6
 そして土産屋台では、たくましく船を引っ張られ、売り込みがはじまります^^;

 お客が少ないせいか、念入りに商品説明されました。







 しかし、中にはこんなやる気なしの船や、違う世界に浸ってるおにいさんも(^_-

Damnoen_saduak7Damnoen_saduak9












Damnoen_saduak11
 わたしたちが“グルアイ・ピン”(焼きバナナ)を欲しいというと、市場の方々が声を出して、どこに屋台が居るか探してくれます◎

 こういうところがアットホームで好きなんですよね~

 このお姉さんから焼きバナナを購入♪
 



 船からも、市場のお土産などを買うことができます。
 それにしても、こんな植木(バナナの苗)を買う人っているの?

Damnoen_saduak12 Damnoen_saduak13   











 早業クイッティアオ屋台のおばさんを発見!
 ここにもバナナの苗を売るおばさん。イイ味だしてます(^_-)b


Damnoen_saduak_14_2 乗船前に撮影されたら、降りる時にはお皿になってました。ハヤ!

 1枚150B。イイ商売!!
 普段なら買いませんが、同僚kさんが買っていたので、値段交渉したらあっさり値下げ。(2枚で200B)

 記念に買ってみました♪
 同僚kさん値下げできずゴメンネ~



 観光地化され、高い!混んでる!客引きがうるさい!と悪い噂ばかりの水上マーケットですが、さすがタイ人皆さん優しかったですよ

 2時間の滞在でしたが、お茶したり、土産ものを見たりと十分楽しめたかなぁ?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-05-24

遠足日記② Rayong Funkky Fruit Festival

 先週土曜から1週間が経ち、記憶が薄れてしまいましたが、天気に振り回されつつも、5/15~19に開催していた『ラヨーン・フルーツ・フェスティバル』にでかけました♪


 午前中の豪雨が嘘のように晴れ間も出て、『スパットラ・ランド』での農園見学と順番を逆にしたらよかったと後悔(ーー;)
 青空が望めたので気分転換に一番アクセスのよい『メー・ランブーン・ビーチ』へと車を走らせてもらいました。

 ラヨーンは漁業やナンプラー生産で有名な地。
 シーフード・レストランや土産屋を期待しましたが、永遠続く遠浅のビーチ沿いは、観光向けではなさそう…(わたし1人ならいいのですが、ちょっとローカル度が高い)海の幸は諦め、フェスティバル会場へUターン。
(ビーチは綺麗でしたが、車から降りなかったので写真なし)


Tapong2_2タポン青果市場(タラート・タポン)
 国道3号ぞい

 普段から野菜や果物を扱う普通の市場なのですが、干物や魚介の乾き物系菓子も販売していました。



Rayong_fastivalRayong_festival2   
 フェスティバル会場には、果物や果皮・花を使った手作りのオブジェがあり、目を楽しませてくれます。
 例年はフェスティバル初日にパレードを行い、山車も展示されていると聞いていたのですが・・・発見ならず。




 今年は『ラヨーン・ファンキー・フルーツ・フェスティバル』と内容を一新。

Tapong3_2 シンハビアの協賛で、会場にはライブ用の特設会場もありました。(きっと夜はライブで盛り上がることでしょう)
 
 お祭り大好きなわたしは、ちょっとワクワク(^_-)でも夕方にはバンコクへと戻る予定なので、ライブもビアも諦めて、急ぎ足で市場見学&お買いものをしました


Tapong1
 喉が渇いたので、“ドラえもん”の陶器に入った、チャオクウェイ(仙草のゼリー)を購入。
 ちょっと恥ずかしいけど、タイ人は子供も大人もドラえもんが好き♪ご愛嬌ということで(^_-)



Tapong_mangkuTaphong_ngo1 
 市場には沢山の果物が運ばれ、あっという間に売れる勢い!
 季節の果物を求め、買う単位も半端じゃありません!!(さすがフルーツの町)




Taraat_tapong1
 業者も買い付けに来るようで、サイズ選定機械で仕分けされたマンゴスチンが、みるみると売られていきます。

 わたしも買おうと思いましたが、皆さんの買う単位が大きいので、躊躇してしまいます。それからアリの量もすごい






Tapong_torian とにかく山積みの果物は圧巻!!
 トゥリアン(ドリアン)が崩れそうです^^;
 足に落ちたら痛いでしょうね!






Tapomg_ngoTapong_lamyaiTapong_sara









 

 左から、ンゴ(ランブータン)、ラムヤーイ(ロンゴン)、サラ(ラカーン)と、最盛期を迎えた果物が溢れています♪


Tapong_torian_chipTapong_torian_chip2
 ドリアンチップを作っているところ。
 揚げたてを試食させてくれましたが、とても美味しくて驚きました(^^ゞ

 でも採れ立てのドリアンの美味しさには敵わないですね!


 市場は広くて屋根付き、野菜・果物・生鮮・海産物などが売られています。
 屋根なしの駐車場や隣接する広場にも、特設のフルーツ販売屋台が軒を連ね、市場の中・外がフルーツでカラフルでした♪


Taraat_tapong_2Taraat_tapong_ook2Taraat_tapong_ook












 フルーツ農園で実っていた、ガトーン(サントル)を発見!
 あまり見たことがなかった(気づいてなかった?)ので食べてみたかったのですが、すでに沢山のフルーツを買い込んでいたので見るだけ~ 珍しい野菜もありましたが、買えなかったので、いまさらに買えばよかったと後悔(T_T)

Tapong_gatoong

Tapong_pak2Tapong_pak Kanun








↑右:カヌンはこんなに大きいんです!(夫の足26センチ)


Imgp2137 ドライバーに半分あげてこの量。(ランブータン25B/kg、マンゴスチン35B/kg、サラ35B/2房♪マナオは今高いので8個で50Bでしが・・・)
 1人では食べ切れない量を400円ちょっとでお買い上げ♪

 やはり採れ立てのフルーツは美味しいし、買ってからも日持ちしますね(^_-)
 まだまだフルーツの美味しい季節が続きますね。果物に触れる旅に、また出掛けたい思います。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009-05-20

遠足日記① スパットラ・ランド フルーツ農園

 先週の土曜日、ラヨーン県で開催中の『フルーツフェスティバル』に合わせ、フルーツ農園に行って参りました♪(前週の野菜ソムリエ視察会が中止になったので自力で(^_-))

 バンコクから車で3時間弱。しかしうちの運転手は、「2時間で行く」というので、バンコクを8時に出発しました。途中パタヤを過ぎたあたりから、土砂降りの雨!雷!道路は洪水!!という状況でしたが、1時間45分でラヨーンに到着。

 まず一番の目的である、フルーツ観光農園を訪ねました。

Suphattora_2 Suphattora Land(スワン・スパットラ)
  70 Moo 10, Tambol Nong La Lok, Amper Bankai, Rayong 21120
  Tel.038-892-048~9Rayong
 http://www.suphattraland.com/



 降り止まぬ雨の中でしたが、意地と根性でトラム(20人乗りの農園周回カート)に乗り込みます。雨でパンツまで濡れる状況・・・でもカメラを構え、先頭座席で踏ん張りましたよ(^^;v

Suphattora0 しかし、タイ人は果物の木には興味がない様子。ドリアンやマンゴスチンの木をスルーして行きます
 一眼カメラを構えてるわたしって何者?という雰囲気でしたが、あっという間に第1スポットの”フルーツ食べ放題”エリアに到着。




Suphattora1 皆さんはこれが目的なのかしら?(かなりの勢いでガッツいてる!!)
 わたしはしばらく写真を撮ってから食べ放題コーナーへ。(雨がひどくて雨宿り)

Suphattora1_2 コーナーには4つのテーブルが配備され、季節のフルーツが食べ放題になっています。
(南国フルーツが苦手な夫は・・・見てるだけ(^^; )





Suphattora2Torian ドリアンもその場で剥いてくれ、手際の良さに匠の技を感じました(^_-)b

 ドリアンは発酵物質が多く含まれるので、食べたら絶対禁酒。悩みましたが、採れ立ては絶品との情報だったので、挑んでみたところ・・・と~っても美味しかったです

 驚きの美味しさ!臭くない!!さすが“フルーツの王様”の名がある果物。
 筍のさしみのような、採れ立ての生栗のような優しい甘さです♪


 各種フルーツを満喫し、またトラムへ。団体が居ない、また人の良さそうなドライバーのトラムを選んで正解☆
 「写真を撮りたいから、車を止めて欲しい」とお願いしていたので、すべての種類の木で止まってくれました♪

Suphattora3
 また同乗した気の良いタイ人ファミリーが一緒に盛り上げてくれました(^o^)
 とっても楽しくて、しかも勉強になりました!(タイ語はわからないのですが、簡単な単語や「甘い」「かたい」といった日本語で説明してくれた)

 (写真)タイ人ファミリーのお子さん。
 木の実(ファック・カーオという野菜)を観察する図。

 日本語が珍しいようで、私たちを不思議な眼差しで見てました。




*******************************
 季節の果物からご紹介!
 
Torian_tojmaaiSuphattora_torian
 果物の王様 トゥリアン(ドリアン)
 実が重いので、紐で吊るのだそうです。





Mangku_tonmaai
 今が旬の マンクゥッ(マンゴスチン)Manku

 ドライバーさんかわいく剥いてくれました♪




Ngo_tokmaai
 これまた今が旬の ンゴ(ランブータン)

 まだ青かったのですが、いくつか種類があり、外皮に生えている毛が緑のもの(一般的)と、毛が赤いものがありました。





Lamyaai_tokmaai2
 そろそろ出回る ラムヤーイ(ロンガン)
 出荷用の房がしっかりしたものは、袋で覆われてました。








Maman_tokmaai2
 最盛期を迎えた マムアン(マンゴー)






Sara_tokmaai
 ちょっと珍しいけど今が出回り時の サラ(ラカーン)
 こちらも重いので、紐でくくりつけてあります。





Geeo_mankon_tokmaai
 そろそろ美味しくなる ゲーオ・マンコン(ドラゴン・フルーツ)
 花は黄色くて可憐でした。





Chonpo_tokmaai
 雨季のフルーツ チョンプー(ローズ・アップル)
 やはり出荷用の実の大きなものは、袋に入ってました。





Mafan_tokmaai
 こちらも雨季のフルーツ マファン(スター・フルーツ)
 まだ早いようですが、1個だけ見られました。
 青いマファンを無理矢理食べさせられたタイ人パパは苦酸っぱい表情でした^^;


  Kanun_tokmaai               

 年中みかけるけど今が美味しい カヌン(ジャック・フルーツ)
 大きい物は60センチほど!専用の袋に入れて育ててました。







Marakoo_tokmaai
 年中ある マラコー(パパイヤ)
 ソムタムの食材も果物なんですよね~





Kulway_tokmaai
 クルアイ(バナナ)

Saparot_tokmaai
 サパロット(パイナップル)






ちょっと変わったフルーツ。

Eppn_star_tokmaai
 エップン・スター(スター・アップル)






Gatoong_tokmaai

 ガトーン(サントル)







 ブログを書くことで、果物名を覚えていて助かりました!
 色々説明してくれたのですが、果物名がわかっていたのでなんとなく理解できました♪


 楽しいトラムは第2目的地の“ソムタム食べ放題”エリアに到着。

Suphattora6Suphattora5 好みな味でソムタムを作ってくれます。
 甘さ控えめ、唐辛子3本(わたしは普段5~6本ですが、夫もいたので)でオーダー。ぶどう付き♪

 普段ソムタムを食べないのに、腹ぺこな夫は少しつついていました(^_-) 



 3回目のトラムは、弾丸タイ語トークで全く理解不能で、しかも晴れ間が出てきて撮影日和でしたが、止まってくれなかったのでつまらなかったのですが、爽やかな風の林をドライブという感じで眺めていました。


Suphattora7
 最後にはちみつを生成するエリアに止まりましたが、すでにオネムだったので、写真1枚だけ。




 天候に振り回されてしまいましたが、日本ではお目にかかれない南国フルーツの栽培状況を見ることができて、本当に良かったです♪

 この後は、フルーツフェスティバルの会場となっている、『タポン青果市場』へ移動しましたが、写真を整理してからまた書きます(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)