« 朝ごはん日記 新米コシヒカリとお魚和定食 | トップページ | 茨城 永源寺 竜神大吊橋 そば処「待月」 »

2013-12-05

世界無形文化遺産「和食」と精進料理

「和食 日本人の伝統的な食文化」として、
ユネスコ無形文化遺産に登録が決まりましたねshine

先人たちが、大切に守り育んでくれた食文化が
世界で評価されたこと、日本人として誇りに感じますhappy01

調理技法だけでなく、自然の恵みappleに感謝し、
四季折々の旬ものfish・地ものbottleをうまく取り入れ、
また行事食、お弁当riceball、保存食などの
日本ならではの食文化が評価されたのでしょうね。

あまりに身近でありながら、実は奥深い和食。

タイで暮らす前は、和食を意識することも、
季節の実りに感謝する気持ちも薄かった。。
海外に出たことで日本食の素晴らしさに
改めて気づいたのでした。(遅い・・)

そして、和食の原点ともいえる精進料理。

肉・魚を食べない仏教食と思われがちですが、
身近にある季節の実りを余すことなく頂き、
忙しい仏事の際もバランスよく食べられる
一汁三菜の基本だといえます。
(懐石料理の基本とも言われています)

帰国してから和食を学ぼうと考えた時に、
シンプルでまさにこれだ!と思ったのです。

Dscn0171
冬に始めた精進料理教室も、
いよいよ四季をめぐって初級も大詰め。

11月のテーマは、『紅葉のうたげ』でしたmaple

 ・しめじのおばん
 ・庄内麩のお汁
 ・吹き寄せ
 ・松かさ
 ・蒸し柿


 吹き寄せは去年の紅葉時期にお昼の席でいただき、
 とっても気に入ったものだったので感激♪

 松葉やもみじ、イチョウ葉などに見立て、
 秋の庭先がひと皿に凝縮され、
 無駄な装飾や演出もなく、全て食べられるのに美しい!

 松かさ(松ぼっくり)も、豆腐と干し椎茸だけとは思えぬ
 食感と味わいに驚きでした。
 柿を蒸しておかずとして食べることも
 旬のものを飽きることなく食べる知恵なのだとか。

Dscn0156
 西井先生が「午前中の紅葉が素晴らしいから見てらっしゃい」
 と、生徒やアシスタントさんに勧めてくださいました。

 いつでも見られるという考え方でなく、
 今この一番素晴らしい瞬間を見ることの大切さ、
 そして、食材も一番美味しい時期に、
 美味しい食べ方をする大切さを教わっています。


素晴らしい紅葉を眺めながら、 
季節を感じ、季節を味わう大切さを、
後世にも伝えていかねば!と強く思ったのでしたconfident

|

« 朝ごはん日記 新米コシヒカリとお魚和定食 | トップページ | 茨城 永源寺 竜神大吊橋 そば処「待月」 »

旬のもの・こと」カテゴリの記事

精進料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177509/54159097

この記事へのトラックバック一覧です: 世界無形文化遺産「和食」と精進料理:

« 朝ごはん日記 新米コシヒカリとお魚和定食 | トップページ | 茨城 永源寺 竜神大吊橋 そば処「待月」 »