« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013-05-31

朝ごはん日記と記念日プレートごはん

色んな方からbirthdayお祝いのメッセージをいただき、
もういい歳なのに、嬉しいものですね(*゚▽゚*)

誕生日と結婚記念日を兼ねているので、
ちょうど夫が定時退社日の前夜29日に
外食へ誘ったら、見事ふられた・・・(;;)
さらに、ミニケーキでも買ってきて~と頼んだのに、
手ぶらで帰宅した夫。。。annoy

昭和前期生まれの男なんて、そんなもんかなぁ・・・

Photo_2
 1週間分の食材をまとめ買いする我が家では、
 毎日のことですが、冷蔵庫の有りものでご飯を作ります。
 急遽お祝いディナーを作ることに・・・汗

 メインは、かなり前に買った記憶があったcoldsweats01
 ラムチョップを塩麹とはちみつに漬けて、
 サイドに香草と粉チーズ、パン粉の代用でお麩をつけて、
 ラムの香草焼きにしました~
 バルサミコ酢をアクセントに♪

 主食は、使いかけだったトマトピューレとトマト、
 燻製ベーコンがあったのでパンチェッタの代用で、
 ペンネ・アマトリチャーナ風に。

 前菜は、余り野菜を茹で汁とコンソメゼリー寄せにして、
 野菜テリーヌに。
 ハナビラダケとアボカドが良いアクセントです♪

 ホットケーキミックスで作ったミルクレープ風ケーキも
 ちゃっかり用意したのでした。。
 (夫はあてにならないし(--;)

 洗い物も私がやるので、ワンプレートにしちゃったbleah

 夫が珍しく残さず完食。
 何ヶ月ぶりかに「ごちそうさま」を言ったし、
 札幌と信州の実家から美味しいものを頂いたので、
 まぁ許してあげましょう(^-^)heart04

さて、今週の朝ごはんです↓

★汁なしラーメン、中華スープ、切干大根とワカメの酢の物、チェリー

0531
 肉そぼろは、豚肉ミンチと玉ネギ、長ネギ、椎茸、高野豆腐を、
 テンメンジャンとオイスターソースで炒め、
 隠し味の鱈キムチを入れたのでした~
 かなり美味しいあんになりました(^-^)♪

 予定よりも野菜が在庫切れになり、種類少なめ質素な彩ですが^^;
 ちなみに、ネギや三つ葉、スプラウトはリボベジですclover


★冷やし中華、お麩と木耳のスープ、ミニトマトとアボカドのマリネ、グレープフルーツ

0530
 お祝いディナーを作る際に残った野菜と、
 クレープ焼く時に一緒に焼いちゃった錦糸卵で、
 超簡単朝ごはん♪(晩ごはんで胃もたれしてたので^^;)


★焼き鯖、ハナビラダケとオクラの梅和え、切干大根の煮物、わかめ味噌汁

0529
 白木耳かと思った“ハナビラダケ”はクセがなくて使いやすい!
 また買っておこ~♪
 煮物には、岩手の切り麩と、アスパラガス根元の硬い部分を使い、
 食材を無駄にしないよう心掛けてます。


★土鍋焼きビビンバ、ホタテ貝柱とワカメのスープ、キムチ奴、チェリー
 
0528
 ビビンバは、熱々の土鍋にごま油をたっぷりぬって、
 まずご飯を焼いておき、ほうれん草と人参、もやしのナムル、
 山菜代りの椎茸を煮たもの、
 牛肉とネギのコチュジャン味噌炒めをのせました~
 冷奴に韓国海苔とキムチがよくあいます。

 土鍋の後片付け(焦げ付き)がちょっと大変ですがオススメ!


★ぶっかけ蕎麦、ほうれん草と揚げの煮浸し、チェリー

0527
 蕎麦の具は、揚げナス、天かす、揚げきのこ煮、大根おろし、
 海苔、三つ葉、大葉にと、意外にいろいろ入ってます♪
 めんつゆにかつお節を入れて冷やしておくと、
 香りがよくなり塩分カットになりますよ~


★そうめん、巾着煮、芽ワカメ佃煮、チェリー

0524
 お揚げの中身は、キャベツ、ほうれん草、人参、もやし、
 干し椎茸、卵を中華風に煮たもの。
 義母さんから頂いた昆布巻きの味が濃いので、
 一緒に炊いて味を巾着に染み込ませました~(味付けなしでOK^^)

 とこんな感じで、麺類ばかりの朝ごはんでした。。
 暑くてジメジメしてきたので、益々するする麺が増えそうです(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013-05-29

三陸の旅 平泉で世界遺産の中尊寺へ

貴重な晴れ間に、世界文化遺産に登録された『中尊寺』へ。
 http://www.chusonji.or.jp/

04301_2
 「月見坂」は立派な杉並木が素晴らしい!
 かなりの急坂で所々スベルので、やっぱり晴れて良かった♪

04302_3
 まずは「弁慶堂」をお参り。

04303_3
 次に「薬師堂」。ちょっと息が上がる上り坂(笑)

04304_2
 さらに「観音堂」をお参り。

04305
 ようやく「本堂」の門へ。

04306
 シンプルな造りながら、気品と威厳を感じる本堂です!
 
043019
 本堂の仏塔は金ピカでした!
 絶え間なく参拝者が訪れています。

 その後、いくつかのお堂を見たあと、
 有料施設の『讚衝堂』で中尊寺の歴史や文化遺産を見学し、
 いよいよTVやメディアで必ず登場するこちら↓

04308_2
 『金色堂』ですshine
 ここからの眺めはよく見ますよね!
 ただ、内部は撮影禁止なのでここだけ・・・

Spotphoto_konjikido_01             (オフィシャルページより)

 金色堂には仏像と、藤原清衡と二代目、三代目の柩が祀られ、
 金色堂を守るために覆っているのが、前の写真の建物。
 建物の中に建物って不思議な感じです。 

04309
 金色堂奥にある「経蔵」。

043010
 「旧覆堂」は昔、金色堂をすっぽり覆っていたお堂だそうです。
 今の近代的なお堂よりも一回り小さい気がしました~

043012
 「弁財天」には桜も良い雰囲気で、
 外国人が気に入ったようで写真を撮ってましたよ♪
 やはり、日本人が見る場所と外国人の視点は違うようで、
 こういった風情のある場所に外国人が多い!
 ある意味、外国人の方がワビサビを意識しているように感じます。

043014
 そして、夫くんが必死で(珍しく)お祈りしているのは、
 “目の神様”と言われる「峯薬師堂」です。

043013
 ちょっと気持ち悪いけど、目が良くなるといいなぁ~☆
 (ついでに性格も!(笑))

043020
 中尊寺はけっこう高い場所にあるので、
 平泉が一望できます。

 本当は『毛越寺』の浄土庭園にも行きたかったのですが、
 晴れてるうちに行きたい場所があったので、
 今回の世界遺産見学はここだけ。
 また行きたいなぁ☆

 被災した沿岸部は高齢者ばかりでしたが、
 平泉をはじめ内陸部は若者の観光客が多かったです!
 皆さん、もっと沿岸部へ行きましょう~~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013-05-27

三陸の旅 一関 世嬉の一酒造と餅料理

一週間ぶりに三陸の旅日記に戻ります。

雨の中、宮城県から岩手県へ移動し、
道の駅を2箇所寄りながら進むと晴れてきた!sun
rain雨男がいるし、天気予報は雨だったのにラッキー☆

小雨の中、中尊寺へ行こうと思っていたので、
晴れ間のうちに行きたいと心が焦ります。

さくっと酒蔵とお昼を済ませようと考えていたスポットへ。

『世嬉の一酒造』
 http://www.sekinoichi.co.jp/

 観光用レストランと酒造でお酒を試飲できます~

04301
 レンガ造りの素敵な建物がレストラン。
 一関の郷土料理「もち料理」や「ひっつみ」が食べられますが・・・
 ナント!夫に却下された~~down

04302
 気を取り直し、通り蔵に隣接した酒屋へ。

04303
 2種類の日本酒が試飲できます♪
 世界遺産の中尊寺にある「金色堂」という名が付いたお酒が
 とっても美味しかったです!
 (運転しない前提で試飲^^;)

 ご飯を食べないまま、道の駅に行こうか悩みつつ、
 時間と天気が心配だったので、そのまま『中尊寺』へ。

043018
 中尊寺近くの桜が綺麗☆
 中尊寺は少し長くなるので後ほどにして、
 時間が遅くなり、仕方なくおやつに食べた餅料理↓

『四季の花』
 http://www18.ocn.ne.jp/~sikihana/index.html
 
043016
 ちゃんとした「もち料理」が無かったので、
 おしるこで我慢。牛たんつくね串も追加(^^

043017
 夫くんは自然薯蕎麦。

043015
 おまけ。
 中尊寺境内のお休み処にあった「弁慶餅」

 行けなかった道の駅と「もち料理」を食べにリベンジしたいなぁ~~
 宮城で海の幸を食べて以降は、炭水化物がつづきそうです(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013-05-26

浅草 モンティーでタイ料理と浅草寺

スカイツリー開業1周年で盛り上がる浅草へ、
タイ料理を食べに行ってきました(笑)

1_2
 メトロ銀座線を出てすぐ、なんとも味わい深い地下商店街☆

『モンティー』
 http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13030791/(食べログ)

2_2
 庶民的な小さな店はお昼時で満席。
 15分ほど待って入店♪

6_2
 なんともローカルチックな雰囲気ではないですか~heart04
 (ランチ終了まで居着いたので、気づいたら皆帰ってた写真)

3_2
 この屋台っぽい椅子に、このカップが懐かしい~~

4_2
 ランチタイムはちょっと品数が少ないらしく、
 メニューにあってもできない物もいくつか。。(;_;)
 (無難なランチセットなら問題ないですが・・・)

 タイ料理研究家の友達と一緒だったので、
 2人の好きな臭い系が食べたかったのになぁ~

 ビアシンでまず乾杯beer(昼からすみません;)

 ヤム・ネーム・ホー(発酵豚ソーセージのハーブ和え)
 プラー・ナムトック(揚げ魚のイサーン風ハーブ和え)
 ゲーン・キョウ・ワーン(グリーンカレー)
 カオ・スーワイ(ジャスミン米)
 
5_2 
 グリーンカレーは甘くて懐かしい~お味♪

 タイに居る頃はあまり食べなかったネーム(発酵ソーセージ)も、
 あの臭みと酸味がどんどん好きになってしまった(*゚▽゚*)
 必ず食べる1品になりつつ(笑)

 さすが人気店だけあり、美味しかったなぁ~♪
 体調がいまいちだったのであまり食べられず残念。


 せっかくなので浅草寺へ。

7
 参道があまりにも混んでいて(平日なのに!!)
 脇道から本道へアクセス。

8
 おかげで伝法院通りから1歳を迎えたスカイツリーが♪

9
 外国人や修学旅行に団体客に・・・
 やっぱり日本を象徴する観光スポットですなぁ~

10
 ヤムヤムの打ち合わせまで時間があったので、
 甘味処でお友達に付き合ってもらいました(⌒▽⌒)うんま

 夕方あたりから調子がdowndown
 打ち合わせの記憶があまりなく・・・(。-_-。)
 遊びの記憶はあるのに、こんなことではイカンです。反省。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013-05-25

川越 陶路子でさつま芋懐石

旅行日記をまだまだ中断して、
川越でランチした日記(あと浅草も)を書いちゃいますpen

栃木から友達が遊びにくるということで、
川越の友達宅へ集まるついでに、
蔵づくりの町で芋懐石をいただきました~♪

『陶舗やまわ 話処 陶路子(とろっこ)』
 http://www.touho-yamawa.co.jp/truck.html

 いまや予約なしではなかなか入れないお店で
 女性客にとっても人気の陶器屋に併設した喫茶です。

1
 ☆さつまいもミニ懐石☆
 いもカクテル(芋焼酎の梅酒割)
 いもコロッケのそうめん揚げ
 いもうどん入り いもグラタン
 いもがらと油揚げの煮物
 野菜メリネ、揚げいも
 おさつ餅の揚げ出し
 さつまおこわ
 香の物
 おさつ汁
 さつまいもアイス
 
4
 いもだけでも食感や味つけが違うので、
 ぜんぜん飽きることなく、全員ぺろっと完食♪

2
 やまわさんの名前の由来になってるトロッコは、
 朝ドラの「つばさ」にも登場しましたが敷地内を通ってます。

3
 横浜まで副都心線が直通になったこともあり、
 土日はすっごく混むようになったそうですよ~
 私が住んでた頃は静かな街でしたが、
 今考えると本当に良い街ですね!

5
 久々に『右門』さんで“いも恋”を購入。

6
 これこれ♪
 何度食べても飽きないなぁ~
 平日でも混んでたし、菓子屋横丁は行けませんでしたが、
 またフラっと遊びに来よう~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013-05-22

朝ごはん日記 暑さに負けるな!ごはん

旅行日記が途中ですが、朝ごはん日記を2ヶ月も
おさぼりしてしまいましたーー!反省中。

せっかく(明日発売の)『みんなの朝食日記』
掲載いただいたのに、こんなことじゃ~イカンですね。
皆さん、しっかりアップされているのに。。

バタバタして忘れたり、暗くて写真ボケないかぎり、
極力写真だけでも残そうとおもいます。
写真を撮ったらアルバムに追加しようと思います~

*時々、朝ごはん2013*
 http://phyto.cocolog-nifty.com/photos/breakfast/index.html


★スモークサーモンのレモン冷製パスタ、ビーフトマトスープ

0522
 一気に暑くなってきたし、夫がお疲れ気味なので、
 クエン酸たっぷりレモンと酢、ハチミツ、オリーブオイルに、
 スモークサーモン、タイレッドオニオン、黄ズッキーニピクルス、
 ブロッコリー茎、トマト、バジルを和えました。
 (ブロッコリーのゆで汁も^^)

 この時期、冷たいモノだけだと代謝が上がらないので、
 ビーフにスパイスを加えたトマトスープにしました。


★ナシゴレン風ごはん、スパイススープ

0521
 去年買った“サンバル”(インドネシアの辛味調味料)の
 賞味期限が危険なので、急遽ナシゴレンにしてみました。
 クルプックがなかったので、えびせん付けちゃいました~

 鳥ベースのスープにするつもりが、夫が残した鱈があり、
 鱈とブラウンマッシュルームや色んな野菜をごちゃ煮です。


★鱈の糟味噌蒸し焼き、タケノコ煮物、酢の物、青のり味噌汁

0520

 糟味噌に一晩漬けた鱈をマヨネーズとキャベツを蓋にして
 蒸し焼きにしました。玉ねぎがトロトロで甘くて美味しかったです♪
 酢の物にはガリと芽ワカメを混ぜました。


実はわたし、大きなフライパンを酷使して調理してます!
麺ゆでも、蒸しもの(茶碗蒸し)も、煮物・汁物以外はなんでも。
(朝の時短調理に、沸騰の早いフライパンはうってつけ◎)

Img_9539

3年前の帰国後に、信州の母がくれた大きなフライパン。
ほぼ365日(1日に3度使うことも)酷使していたら、えの部分に亀裂が!!
じぇじぇ。

テフロンもはげてきたし、そろそろご隠居してもらい、
さらに特大深フライパンを新調shine
今度は何年もつかな。。


この頃、夜0時すぎに寝て、朝5時前起きの夫のせいで、
(めざましまで粘ってるけど)ちょっと寝不足気味・・・
寝ぼけてフライパン落とすと危ないので、
明朝からの投入はやめておこうかな~
って、ずいぶん前に買ったような。。(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013-05-19

★お知らせ★ みんなの朝食日記 掲載されました!

当Blogへお越しいただき、ありがとうございます♪

 ★単行本に掲載いただきました★
109509_2
5月23日翔泳社より発売の
『みんなの朝食日記』

にて、“朝ごはん日記”を紹介いただきました。
ブロガー21名の朝食が紹介されます。
見かけたら、どうぞお手にとってみてください♪

http://www.amazon.co.jp/dp/4798131024




 ★Yum!Yam! 総集編イベントのお知らせ★
Yumyam_3 6月30日 11:00~ シーフードイタリアンカレンダー@日本橋で、
『Yun!Yam! SOUL SOUP KITCHEN 10県開催記念 総集編』
を開催します。
http://yumyam101.peatix.com/
ご参加お待ちしております☆

|

2013-05-18

三陸の旅 南三陸町 311震災語り部

雨が降り始めた朝8:40から、バス3台に分乗して、
ホテルスタッフによる震災ガイドが始まりました。

2号車は、渉外部長の伊藤さんによる語り部。
自宅が流され、1時間かけて仮設住宅から通勤されているそうbearing
ガイド終了後に伊藤さんからブログ掲載許可を得たので、
写真や語られた内容を残します。
語り部の内容は個々のスタッフに任されていて、
スタッフにより語る内容が異なるそうです。

伊藤さんから
 「沢山の方々に知ってもらいたい、忘れずにいて欲しい。」
 「多くの皆さんに、素晴らしい南三陸へ訪れていただきたい。」

その重い言葉が耳に残ります。

2 1   ↑宮城に入ってからすぐ購入した本に、南三陸町の被災直後の写真がありました。

●戸倉地区

043011『高台4戸を残して波がさらっていった』

 津波防止の堤防と水門を越える高さの津波が来てしまった。






04301 小さな港を中心に約140戸の家屋があったが、津波にのまれてしまい、残ったのは高台に建てられた4戸のみ。







043016『生死を分けた避難訓練』

 海から数メートルの場所に、新校舎に建て替えられたばかりの『南三陸町立戸倉小学校』があったが、全壊して取り壊されている。

 3/9の地震(震度5)を受けて、3/10に緊急の避難訓練が実施された。ある教員による指摘で、校舎屋上への避難から、高台避難へ急遽変更になったという。
 3/11地震からおよそ40分後、巨大津波が校舎を丸ごとのみこんだが、高台へ避難していたので全員無事だった。(後々別の場所で亡くなった方もいるが)

 そして、戸倉地区と隣接する岬の反対の『石巻市立大川小学校』は、海から300m離れた場所にあったが、避難経路を誤ったせいで7割以上の児童が犠牲となった。

043010『津波は川を伝い想定外の被害になった』

 2年経ってもまだまだ残るガレキの山。
 家屋や森林をなぎ倒しながら、全てを壊していったことを物語っている。




04302  小さな川だが津波が川を伝って逆流し、海から離れた奥の地区までも壊滅させた。
 リアス式海岸は湾が狭くなっているため、力が集中し津波が高くなってしまうとのこと。

 8日後には仮設橋がかけられたが、橋桁だけがさみしく残った。


●志津川地区

043012 『ゲストを守った高野会館のスタッフ』

 地域の高齢者イベントが開催され、高野会館で377名もの人たちが被災した。
 外に逃げようとするゲストに、「津波来たら間に合わない」と制止して屋上へ避難させた。
 数名が飛び出した直後に津波が押し寄せ、屋上まで波が達したが、屋上へ避難した者は助かった。


『津波避難所に指定されていながら犠牲者が出た志津川病院』

 津波を想定し建てられた5階建ての大病院だったが、想定(3階)を越える4階まで津波が到達してしまった。入院患者109名のうち64名の患者と誘導していた病院スタッフ4名が、ベッドごと負ぶられたまま津波に流されていった。
 屋上へ避難できた患者も、菅野先生たちが懸命に治療を続けたが、救援ヘリが遅れて数名が亡くなった。

04304 『色々なものが仮設のままの町』

 震災直後いち早く駆けつけたのが、自衛隊と全国の電気技師集団だったという。
 電気が早く復旧したことに感謝しつつも、「仮設変電所」は未だに仮設のままである。

 そして、少し坂を上った町のあちこちに点在する「仮設住宅」は、55箇所でも足りず、隣町の仮設住宅に入居している者も多い。写真は比較的広い仮設住宅。



043015  役場や漁業組合、医療センターなどは高台のベイサイドアリーナ付近に仮設された。
 (去年、診療所は赤十字により建てられたが)

 震災直後いちはやく海外から駆けつけたイスラエルの医療スタッフにより、仮設の医療センターが設けられた。(建物費用をめぐり話題となったが)医療設備は全てイスラエルの好意で寄贈された。
 寄贈をめぐって国から許可が降りなかった際に、イスラエル側からの回答は「我々が忘れただけ」という、なんとも粋な秘話があったのだそう。
 写真のテントはボランティアセンター。

04303 地元銀行も早くから仮設営業を再開したそうで、こうしたプレハブの仮設店舗を多く見かけた。









小雨になったので、1箇所だけバスを降りて見学できた。

04307
04308 『天使の声で防災のシンボルになった防災対策庁舎』

 津波到達の直前まで、「高台へ避難してください」と、防災無線で発信しつづけ、“天使の声”で話題になった遠藤未希さんが勤めていた庁舎。
 屋上へ避難した職員のうち、階段付近に居た数名だけ生き残った。
 この話にはもう1つのドラマがあり、結婚式を控えた未希さんを守ろうと勇敢に残った職員がいたことは、一部の者しかしか知らない話だそう。(詳細は書きませんが)未希さんへ多くの手紙や花が手向けられている。

 『地盤沈下してさら地になったままの志津川周辺』

04305
043014

043013  沿岸地域は、地盤が80cm沈下したため、道路底上げ工事が行われている。

 自衛隊やボランティアにより、倒壊建物の解体やガレキ撤去は進んでいるが、水産業を中心に栄えていた志津川周辺の加工工場や商店が消え、何もないさら地なのが逆に無機質で怖い。

 南三陸町全体で、17,000名強の住民のうち、600名以上が亡くなり、未だ223名(今年3月時点)が行方不明だという。
 他県や他地域へ避難した者も多く、人口が2,000人減ってしまい、町の再建にも影響を与えているそう。

↓こちらのサイトを見ると、震災前後の町の様子がわかります。
http://ranasite.net/?p=3326

 南三陸町に限らず、沿岸の被災地を走ってわかったのは、まだまださら地(荒地)のままの被災地が多いこと、そして自治体や企業は頑張っていて、コンビニチェーンや衣料品量販店は、次々にプレハブながら仮設店舗を建てている。
 一方で、線路や港の整備はまだまだ足踏み状態…

 海と山が入り組んだリアス式海岸には、自然豊かな魅力のある町が多いが、出会う旅行者はご年配(平均年齢が50~60代)の方が多いのが残念だった。
 被災者に遠慮して足が遠のくことも理解できるものの、「語り部ガイド」などを利用して現地を知ることや、文化を守れるように観光することも大切で、もっと多くの人に旅行してもらいたいと感じました。
 どうぞ、自身の目と耳で感じ、自然の美しさと海の幸も堪能しに三陸へ来てください!!

 1時間でしたが、貴重な経験ができたことを感謝しています。
 長くなりましたが、ちょっとまじめな話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013-05-17

三陸の旅 南三陸ホテル観洋で海の幸

ようやく初日ラスト。このペースだと何日かかることやら・・・(笑)

三陸の旅で1番の目的だったこちらのホテルは、
宿泊者限定で被災地をめぐる「語り部ガイド」を実施しており、
それを見つけ速攻で夫にお願いして予約しました。
(残室わずか、予算オーバーだったのですsweat01)

『南三陸 ホテル観洋』
 http://www.mkanyo.jp/

 部屋から太平洋が望めます。

04292
 かもめや海猫が沢山!
 窓際に立つと鳥たちが寄ってきますが、
 皆さん部屋から餌を投げるのか、うじゃじゃすごい渋滞に!!

04291
 2人では贅沢な12畳の和室です。
 この旅一番リッチな宿shine
 大浴場も素晴らしく、露天風呂からの眺めも最高でした♪
 なにより休憩所には、風呂上りの生ビールサーバーがあるんですbeer

04295_2
 他の部屋ではうじゃじゃすごいのに、夫にパンを渡すと・・・
 調教が上手いのか、バサバサ飛んでいた鳥たちが、
 1列に並びはじめ、1羽ずつ順番に餌をもらい、
 また列の後ろにつくという、なんとも行儀がヨロシイ状況にgood

 こんな特技があったとは!
 数年先に定年を迎えたら、動物園への就職を勧めてみよう(^O^)


 さて、お待ちかねの夕食。
 フカヒレプランにしたかったけど、基本コースで我慢。
 しかし食べきれない量で、4食も食べてきたことを後悔^^;

04296
 生きたアワビを見たのは初めてかも~~(ちょいキモsweat02)

042910_2
 アワビもウニも1人1個付きます♪
 (ウニ苦手だった・・・動くし。新鮮なので1片頂き→夫へ)

04297
04291304291204299
 前菜の締めサンマも美味しいのですが、
 初めて食べた“マンボウ”の酢味噌もGood!

042911_2 カニも?!
 剥くのが面倒で、↓夫の炊き合わせと交換(^^)サトイモ~♪

042915 042917 042914_2

042918_2
 アワビとウニ入りの炊き込み~~~♪

042916042919042920_2
 アワビの踊り焼きは柔らかくて最高でした(*゚▽゚*)

04301

 翌朝、私は4:30に起床し日の出を待ちましたが、
 厚い雲に覆われて、太陽は拝めませんでした(;;)
 
04304_2
 朝早くから、見えるだけでも30隻ちかい漁船が出航し、
 漁師さんがワカメ漁をしてます。
 壊滅状態だった養殖場も、皆さんの力で収穫できるまでにconfident

 5時すぎに諦めお風呂へ行きましたが、
 年に1度の男女風呂入換え。女風呂の方がよかった(^^;

 朝食はバイキング。
 ご年配の団体が多く、バーゲン状態になりましたー
 そんなに焦らなくとも・・・

04303
 ゆったり食べたかったので、隅で海を眺めながら頂きました。
 振り返ると混雑した社食状態でしたよ(苦笑)


 このホテルのスタッフは本当に笑顔が素敵で、
 施設も充実して素晴らしいのですが、
 実は2Fの大浴場まで津波で浸水したそうです。。

 停電の中、いち早く町の復興基地となり、
 宿泊客や町民の避難場所として、
 ボランティア団体や工事関係者の受け入れ先として、
 スタッフは休む間もなく(中には家が流された方も・・・)
 働かれたそうです。。

 そんな苦労を共に乗り越えたからか、
 チームワークもとてもよく、本当に心地よく過ごせました。

 さて、いよいよ被災地へ。つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013-05-16

三陸の旅 松島 四大観と郷土料理の「はっと汁」

新PCからブログへの画像アップができなかったり、
今日は出来たり・・・ いよいよブログ見直しかなぁ~sweat02
(niftyさん頑張ってー)

ということで、面倒ですが毎回画像を旧PCへ送り、
日記を書いておりますshock
しばらく間が開きましたが、松島のつづきです。

時間があったので遊覧船に乗りたかったのですが、
夫が嫌がったので、松島四大観からの展望を楽しむことに。

「松島四大観」とは、松島湾を囲む高台から修景を望むスポットで、
 (1)壮観 宮戸島の大高森からの眺め
 (2)麗観 富山にある大仰寺からの眺め
 (3)幽観 扇他からの眺め
 (4)偉観 多聞山からの眺め
今回は「壮観」をチョイスしてみました。

松島 四大観 『大高森 壮観』
 http://www.town.matsushima.miyagi.jp/index.cfm/8,3894,29,html

 まず、この景色を楽しむためには、
 予想以上の辛さが待ちかまえていました・・・(´Д`)

04294_2
 そんな苦労の末だったので、
 この景色と快晴に、感動もひとしおでした!!

04293_2
 展望台の反対側を見ると・・・

 実は宮戸島へ行くには、東松島の野蒜海水浴場を
 通って来ますが、鳴瀬川と吉田川の周辺は
 津波の被害がひどく、壊滅的でした・・・
 真新しい道路は急ピッチで再建されたもの。

 通ってきた辺りが丁度見えて、松島の絶景と
 表と裏こうも違うものかと、悲しくなったのでした。

04291_2
 そして辛さの2つめは、展望台までの道のり。
 予想以上に急な階段と山道を登りますsad
 心臓がバクバク、久々に全身筋肉痛です。


 東松島市をあとにして、南三陸町へ向かいますが、
 その道すがら、河川を中心に津波の爪あとがまだ残っています。
 海岸沿いだけでなく、川を伝ってかなり奥地まで
 津波が押し寄せたことがわかりました。

 大きな道の駅へ寄りました。

『道の駅 上品の郷』 石巻市
 http://www.joubon.com/home/

04291_3
 大きくて充実した施設の道の駅で、
 みどりの日(祝日)なのでとても混んでました。
 温泉施設に併設して、無料の足湯もあります。

04292
 足湯?!っていうぐらい立派な設備ですよね~♪
 入りたい・・・

04293_3
 こういう民芸品も味わいがありますね。

04294
 木造作りで素敵な雰囲気の売店で、
 最後に寄りたかったなぁと思うほど、
 色んな土産物が売られてます。


『道の駅 津山 もくもくランド』 登米市
 http://moku2land.com/
 04291_4
 もくもくハウスではクラフトショップがあり、
 木で作られた食器や雑貨が沢山売られていますよ♪

04292_2
 道の駅の売店、もくもくハウスの直売所と
 品揃えはかなり充実しています。

 1時を回りましたが、お昼を食べられなかった
 (もう十分食べてるけど・・・^^;)ので、
 こちらで軽めのお昼を。

『お食事処 木里口』

 こちらも混んでいて(というよりおばちゃん1人で回せない)
 30分ほど待たされましたが、ようやくお目当ての郷土料理に
 ありつくことができました♪

04291_5

 宮城郷土料理の「はっと汁」です。

 はっと汁は、いわゆるすいとん系なのですが、
 具材も豊富で、登米名物の“油麩”が入ってるのが特徴ですね^^

 ちなみに登米市では、ご当地グルメ「油麩丼」も有名です。
  http://www.aburafudon.com/

04292_3
 伊達藩による“百姓法度”(農民米を食わず雑穀を食うべし)
 米どころ故の重い年貢を課せられ、
 米食の代わりに生まれたと言う、悲しい歴史がありますが、
 現代では珍しい郷土料理として、美味しく頂くことができることに感謝☆

 お腹は空いてなかったのに、完食です♪

 さて、もくもくハウスで奥のおにぎり皿と箸置きを買いました。

Img_9375
 厚みもあって、お寿司にも良さそう!

Img_9384

 そして我が家では欠かせない乾物系のあぶら麩を
 色々買ってみましたよ。
 こうして買い物をできるだけ多くの店でしていくことが、
 今回の旅の目的でもあるんです♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-05-13

タイフェス 祝・初出店!

この週末に代々木公園で開催された
タイ・フェスティバルは、大いに盛り上がりましたgemini gemini

NPOヤムヤム・ブースにも、
大勢の方々が訪れてくださいました♪

Dsc_0464
 準備のため、いつもどおり朝5時半に起きて、
 8時に会場入り。さすがにまだ静かですね~
 でも各ブースでは準備に追われ大忙し!

Dsc_0470
 ヤムヤムブースでは(NPOブースでの食べ物販売はNGなので)
 タイセラドン焼きの食器、ぞうさんの植木鉢がスタンバイ。

Dsc_0471
 子供たちに好評だった、ぞうさんの表情♪
 一つひとつ手書きなんです。

Dsc_0478
 土曜はrain雨の中でもかなり賑わいましたが、
 さすがに土砂降りになってくると行列は消えました(^^;

 日曜は一転、sunすかっと晴天に恵まれ、
 土曜の数倍の人出で賑わい、
 セラドンや植木鉢が完売したそうです♪ほっ

 何より多くの方に、地方活性化&タイ支援を目指す、
 活動目的をお伝えできたこと、嬉しく思います!

Photo
 ちょっと準備不足な面もありましたが、
 大勢の方が足を運んでくださり、みんな笑顔で楽しめました(^O^)
 ありがとうございました☆彡

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013-05-10

タイ・フェスお知らせ

★タイ・フェスティバル 代々木のお知らせ★

  今週末 5/11、12の2日間、
  代々木公園イベント広場にて
  タイ・フェスが開催されます。
  http://www.thaifestival.net/event/2013/yoyogi.html

  Yum!Yam!(NPO)ブースにて、
  可愛いタイセラドンの販売も致しますので、
  ぜひNPOブースにお立ち寄りください♪

934679_484700138267523_1171481222_n
  私もボランティアで参加いたしま~す!

|

2013-05-09

三陸の旅 松島の桜とフカヒレラーメン

塩竈の市場でお腹を満たし、
明るくなってきたので松島へ移動car

東京は観測史上最速に早かった桜cherryblossomですが、
東北は少し遅れたようで、まさにGWがピークとの情報tv

27日に見頃という(どこかのホテルBlogで)情報を知り、
満開を期待してウキウキ向かった展望台。
ところが、東北の桜は短命だったーー(>_<)


『西行戻しの松公園』
 http://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=137

 松島湾の絶景と桜の共演が見られることで地元でも人気らしい。
 ここに日の出が加わるとすっごいらしいのですが・・・

04290
 2日でもう葉桜ですか、、、
 東北の桜はあっという間で儚い。
 せめてもう少し早ければ、朝日が拝めたでしょうけど残念sweat02

 それにしても素晴らしい眺望ですね!!

04292_2
 白衣観音も有名らしいのですが、小さかったので写真なし^^;

04293_4
 木蓮と松島湾のコラボは素敵でしたよ~♪
 朝早かったので逆光ですが。

 松島のメイン通りへ降りて、少し散策しました。

04296_2
 小さな島々のおかげで、津波の被害は少なかったようですconfident

04291_2
 観光船乗り場はすごい行列です。
 普段は混んでる所は嫌いなので矛盾しますが、
 こうして賑わってるとなんとも嬉しい~♪

04292_3
 沢山の観光船が行き交います。
 この小島たちが津波の緩衝材にもなって
 この街を何年も守り続けているんですね♪


『五大堂』
 http://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=141

 国の重要文化財にも指定される小島の寺院で、
 勝負の神としても有名。
 祈願する方が沢山いました。

04293
 まずは並んでお参り。

04294_3
 海の中ですが、津波で流されなくて本当によかったですね!


『福浦島』
 http://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=176

 パワースポットとしても知られる島らしいのですが、
 橋を渡るのが面倒でやめました(^^;

04295_2
 この辺りの遊歩道は、震災の影響で崩れたまま・・・

 いっぱい観光客が訪れて、早く直せるといいなぁ~☆


『松島さかな市場』
 http://www.sakana-ichiba.co.jp/

 『伊達政宗歴史館』の奥にある観光市場へ。

04291_3
 駐車場にかき小屋があって2,000円食べ放題♪
 美味しそうな牡蠣の香りがぷんぷん、誘惑にまけそう~

04292_4
 1階が海鮮ものの売店。
 2階は売店と食事処。

 魅力的な海鮮料理が多いのですが、
 お目当てはこちら↓

04293_2
 shine“ふかひれラーメン”noodle

 マグロ坦々麺の方が人気のようですが、
 見た目以上にやさしいスープのお味でした◎
 シアワセheart01

 震災による工場破壊、重油流出や大規模火災…
 気仙沼のフカヒレが消えるなんて話もありましたが、
 水揚げ量もぼちぼち、加工工場も一部復活しつつあり、
 フカヒレスープや姿煮が松島でいっぱい売られてました♪♪
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013-05-08

三陸の旅 塩釜水産物仲卸市場で朝ごはん

岩手中心の旅ですが、最初に宮城県南三陸町を訪れることは、
(ちょい早めの)出発5日前に決めていました。

29日の朝出発して直接南三陸へ向かうつもりでしたが、
復興状況がわからず、まずは心の準備が必要かと思い、
震災から1ヶ月ちょっとで観光業を復活させた、
松島から訪れることにしたのでした。

深夜出発に急遽変更し、朝6時ごろ到着してしまったので、
早朝からやっている塩竈の市場で朝ごはん♪
(途中おにぎりは食べてましたが^^;)


『塩釜水産物仲卸市場』
 http://www.nakaoroshi.or.jp/

 生ものは控えたいと言う夫を尻目に、
 到着早々から生牡蠣をパクリ!

04294
 大きさがお伝えできないのが残念ですが、
 スマホ程の大きな身が重い~
 クリーミーで臭みもなく、本当においしゅうございました♪
 (夫の分も食べちゃったscissors
 
04292 
 さてっと、市場内を散策!

04295
 お目当てだった、“三陸産わかめ”を発見。
 ようやく収穫量も増えてきたそうですが・・・
 まだまだ、震災前の状態には戻ってないそうです。

 刺身わかめと茎ワカメを購入。
 やっぱり三陸のわかめは違う!
 薄めながら歯ざわりがよく、味が良いgood

04296
 解体ショーじゃないですよ!
 マグロ専門店でふつうにさばいてます(笑)
 食べたかったなぁ~~

 釧路の“勝手丼”みたいに、ご飯を買ってから
 刺身を乗せてもらうこともできるそうですが、
 生ものを避けて“あさりご飯”を頂きました↓

04297
 これがまた美味☆
 プリっぷりのあさりがたっぷりの炊き込みご飯に、
 あら汁もメッチャ贅沢で脂が甘かった~

04291
 津波の被害もあったようですが、
 原発の影響もかなり強かったようで、
 未だに出荷制限もあるそうです。
 
 まだまだ観光客も以前ほど来てないそうですが、
 塩竈漁港は通常に戻ってきてるようなので、
 『寿司の街』が早く復活するとイイですね!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013-05-06

三陸の旅 宮城~岩手へ

連休も今日で最後。
旅行前にいろいろ書き残したものがあったような…
すっかり旅行で忘れてしまいました(笑)

写真の整理ができてないので、
行ったルートを紹介します。


実は、岩手へ行きたいと調べていた矢先に
東日本大震災が起きてしまいました。

節電したお金でボランティアツアーに参加したかったのですが、
電気代の高騰で大した金額にならないし、
体力のないわたしが行っても足手まといになるし…
2年間で節電した金額(約2万円)を軍資金に
三陸の被災地を訪れるが今回の旅のテーマでした。

28日は夜8時ごろ寝て、0時に起床。
夜中の1時に出発しました。

Photo
東北自動車道の安達太良SAあたりで朝日を拝む。
この朝日が翌日見れたらよかったのに~

毎度ながらギリギリ週間天気予報suncloudrainがでてから
ルートと宿を決めましたが、北に強い寒気が来てしまい、
天気も不安定で桜前線も遅れてしまったので、
綺麗な朝日が拝めたのはこの時だけ(涙)

Map
宮城県の塩竈から松島、南三陸へぬけ、
岩手県の平泉、花巻の台温泉、釜石、宮古、
朝ドラで人気になっている久慈、盛岡へぬける
三陸をぐるっと周るルートになりました。

スポットと道の駅だけGoogleMapにマークしておき、
天候や道路状況などをみて、
夫くんがルートを考えてくれたのでした♪

今回は1700キロ以上を夫くんが一人で走破!!
マニュアル車で低燃費走行はかなり疲れたようですが、
おかげでとても楽しめました~
(夫くんもエコグランプリ参加中らしい)

ぼちぼち旅日記を書いていきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »