« タイ・チェンマイ サタデー&サンデーマーケット | トップページ | タイ・チェンマイ 『CLASSIC HOME COOKING』 タイ料理教室 »

2012-11-21

タイ・チェンマイ メーピン・リバークルーズとナイトバザー

ブログ更新が年内に終わるか不安になってきました^^;

最近、お出かけや調整ごとが多いうえに、
ヤボ用が重なり時間が無いーー(苦笑)

タイ日記のつづきですが、友達が帰国したあと
独りでゲストハウスへ移動し、オーナー奥様が勧めるので、
チェックインして荷解きもせず、リバークルーズへ参加ship

『メーピン・リバークルーズ』
 http://www.maepingrivercruise.com/

 ミニバンでゲストハウスまで迎えに来てくれて、
 船着場まで乗り合いで行きます。
 (歩いてすぐなのに・・・)

Dsc_3913
 観光客向けクルーズなので、中国、アメリカ、ドバイ、
 どこか中東の国・・・国際的でカップルばかりでした^^;

 英語が飛び交うなか、私はもくもくとカメラで撮影・・・sweat01

Dsc_3917
 途中3箇所の橋をくぐります。

Dsc_3929

 やっぱり国王は人気者!
 タイの平和のためにも、もう少し元気でいてくださいませ~

Dsc_3930

 民家で昼間からごろごろするおじさん・・・笑

Dsc_3940
 ピン川を静かに舟が進みますが・・・
 特にこれといって見所もなく・・・
 睡魔におそわれます^^;

Dsc_3936

 どこかのリゾートの船着場。

Dsc_3949
Dsc_3950 Dsc_3953 Dsc_3985 Dsc_3967 ようやく「ファーマーズ・ハウス」に到着。

 こちらでは色々な作物やハーブが見れます。

 ガイドさんはタイ人ですが、
 ずっと英語で説明するので???

 写真は胡椒の実、バンダンリーフ、ノコギリ草です。

Dsc_3981

 稲穂の田んぼの真ん中に小屋があり、

Dsc_3977

 フルーツとハーブジュース(チョイスできる)が振舞われます。

 独り参加の中国人女性(経営コンサルティングをしてるそう)を中心に、
 アメリカ人カップルと中東のカップルで盛り上がってます。
 (会話についていけぬdown

 ドバイのカップルに手招きされてついて行くと、

Dsc_3982

 豚ちゃんカップルがスヤスヤ昼寝中Zzz

 ドバイの彼女さんは挨拶程度の英語しかできなくて、
 なんとなく3人で行動してました(^^;
 
Dsc_3998

 ここは、映画「ランボー」で撮影に使われた場所だとか。
 スタローンも来たんだ!とガイドさんが言うと、
 アメリカ人は大盛り上がり。。

Dsc_4002

 特に見るものもなく退散。

 帰りは中国人とアメリカ人が、チェンマイの豪華ホテルの値段と
 サービス内容のトークで盛り上がってました。
 中国、アメリカ、共通点はお金の話(--;
 英語ができたら楽しそうな会話です^^

Dsc_4011

 イイ感じ。
 泊まるゲストハウスも見えました~

Dsc_4014

 この立派なお寺が船着場。

 ちなみにゲストハウスは歩いてすぐですが・・・
 皆さんナイトバザーまで送ってもらうと言うので、
 私もそうしてもらいました。


★ナイトバザール  チャンクラン通り

Dsc_4019

 18時前なので明るくて、店も揃ってません。
 
 まずはアヌンサーン市場付近を散策。
 賑やかなシーフードレストランにも惹かれましたが、
 団体が多そうなので、またまた『ガレーフードセンター』へ。

Dsc_4025

 懐かしい!
 3年前、夫とここに3度通いましたね~

Dsc_4027
 カオソーイ・ガイ(チェンマイカレー麺)と
 ピンクドラゴンフルーツのジュースの晩ごはん。

 この辺りにも、モン族のお店がいくつかあってお買い物♪
 暗くなってきたのでゲストハウスに戻りました。

Dsc_4033
 やっぱりサンデーマーケットほど賑わってないですね(^^;

|

« タイ・チェンマイ サタデー&サンデーマーケット | トップページ | タイ・チェンマイ 『CLASSIC HOME COOKING』 タイ料理教室 »

タイ料理」カテゴリの記事

旅 @タイ」カテゴリの記事

コメント

私も全く同じ状況です。
特に年末近いからという理由ではないのだけど、このところ来客ラッシュで全く自分の時間が取れず、日本記事は来年に持ち越し確定(汗)
タイの川というと茶色くどんよりしたイメージが強いけど、ここは茶色は茶色だけど、お天気のせいか澄んだ感じに見えますね。
英語の説明は観光なら大体わかるけど、植物の名前は厳しいですよね。
植物の名前だけはタイ語も付けてもらったほうがnamiさんには分かりやすかったかも知れませんね。
木の桟橋のあるところに、大きな釣り網が見えるけれど、川エビを釣るのかな。
ナイトバザール、時間が中途半端だったのかしら?
やけに人通りが少なくて寂しいですね。
私も英語勉強しなくちゃ(汗)

投稿: タヌ子 | 2012-11-24 16:05

☆タヌ子さん

 来客ラッシュは大変そうですね~~
 うちはせいぜい、年末の更新で新聞屋さんや宅配便がくる程度なのですが、
 なぜか毎度20時前後なのでこまりものです・・・
 (お風呂はいってビアタイムだったり~)
 日本帰国の日記も楽しみにしてますよ~♪

 チェンマイはバンコクと違い水が綺麗なので、
 山の方へいくと透明な水と出逢えます!
 タイ人に「これが本当の水の色よ」と教えてあげたくなっちゃう(笑)
 ガイドさん私がタイ語で質問すると嫌そうにするので、
 きっと英語で喋りたいんだと・・そういう方が多いので困っちゃう。
 ハーブ見たさで行ったのに、誰もそこに興味がなくつまらなかったです(涙)
 釣り網はたぶん体験できるのだと思うのですが、
 何が釣れるのか聞きそこねました~(英語分からず・・・)
 最近はナイトバザールは下火で、食事やお酒を飲みにくる観光客のみだそうです。
 翌日なのにサンデーマーケットの人の多さが嘘のようでした!

投稿: nami | 2012-11-25 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177509/47928487

この記事へのトラックバック一覧です: タイ・チェンマイ メーピン・リバークルーズとナイトバザー:

« タイ・チェンマイ サタデー&サンデーマーケット | トップページ | タイ・チェンマイ 『CLASSIC HOME COOKING』 タイ料理教室 »