« タイ・チェンマイ メーカチャン温泉で足湯 | トップページ | タイ・メーサーイ~ミャンマー・タチレクへ国境を越えて  »

2012-10-19

タイ・チェンライ アカ・ヤオ・ラフ・首長カレン 少数民族の村

メーカチャン温泉から2時間ほど、チェンライ近郊にある、
少数民族の村に行きました。

Dsc_3458
                首長カレン族で一番首輪の長い長老さん↑

村名はわかりませんが、
『アカ族 ヤオ族 ラフ族 首長カレン族』
と看板に書いてあるので、色んな民族が共存するようです。

Img_6302
 こちらの村も、以前行った『ドイプイ(モン)トライアル・ビレッジ』
 『バーン・トン・ルアン(メーサ少数民族村)』と同様に、
 政府の支援を受けて移民し、アヘンなどを栽培して密輸しないで
 自立できるよう観光収入などで運営されているようです。


 まずは黒衣装に可愛い帽子飾りが特徴の“アカ族”の村。

Dsc_3405
 建物も民族ごと特徴があり、かやぶきのような屋根でした。

Dsc_3400

 にこやかに土産ものを進めてくれますが・・・(ちょっと高め)

Dsc_3412
 集会場に行くと、ちらほらと村民が集まってきて、
 希望者にはおめでたい時の演奏をしてくれます。
 (チップBOXにお気持ちを入れます)

こちらはスルーしちゃった“ラフ族”の村↓

Dsc_3427
 つづいて赤いマフラーが特徴の“ヤオ族”の村。

Dsc_3423

 中国から来たということで、ちょっと色白?!

Dsc_3422

 遠目なので違いがわかりにくいですね。

Dsc_3421

 北タイの名産品“サパロット・ナーン・レー”という
 私の大好きなミニパイナップルの品種を栽培してます♪


 つづいて首に長い首輪をつけた“カレン族”の村。

Dsc_3456
 大きな葉っぱで屋根を作ってます。

Dsc_3432

 キュートな笑顔♪

Dsc_3439

 女性はせっせと機織りしてます!

Dsc_3441

 首長くないけど、かわいい~~おばあちゃん。

Dsc_3450

 学校がありました。

Dsc_3443

 少数民族は違う言語なので、タイ語を勉強中。

Dsc_3449

 この純粋な瞳の少女が将来幸せに暮らせますように…☆

Dsc_3455_2

 スタイルいいですよね~

Img_6304 Img_6306


 実はこんなに重いんです!!
 首が長いのではなく、肩が落ちてるんですって~

Dsc_3463Dsc_3472


 共同のトイレ(1個のみ)
 共同のシャワーも1つ。。


 私はここでは生活できそうにない・・・(汗)



Dsc_3478
 村では寒暖の差のある気候を活かし、
 コーヒー豆も生産しています。

Dsc_3481

 この村のオーナーで村長の奥様が、
 コーヒーを出荷する作業をされてました。
 とっても良い香りです!

 このオーナー夫妻はタイ人で、村を運営するために
 生活できない民族を集め、土地や仕事を提供し、
 一緒に暮らしているとか。スゴイ!!

Img_6326

 村から出た国道で、ミニパイナップルが売られてました。
 ガイドさんが買ってくれて、すっごく甘かった~♪♪

|

« タイ・チェンマイ メーカチャン温泉で足湯 | トップページ | タイ・メーサーイ~ミャンマー・タチレクへ国境を越えて  »

旅 @タイ」カテゴリの記事

コメント

少数民族はこうして一か所に寄り集まって暮らしているんですね。
でも、こうして政府の保護を受けないと、若者は生活のために村を離れて都会に仕事に出なければならなくなって、自然淘汰されてしまうのかもしれませんね。
アカ族の帽子が可愛い。
でも、首長族の前では、どんな民族も影が薄くなっちゃいますよね。
スタイルの良い女性、もしかして足にも輪っかを嵌めてるのかな?
夜も首の輪をしたまま寝るのかしら?
共同トイレとシャワーが一つしかない村、私も絶対無理。

投稿: タヌ子 | 2012-10-20 22:52

☆タヌ子さん

 山岳民族は今も国境近くに転々と暮らしているそうですが、
 他国から移民してきたり、アヘンなどの麻薬が栽培できず生活できなくなった村の人たちを、こうして一箇所に集めてる支援しているようですね。
 本当に守らないと無くなってしまうのは寂しいです。。
 人間動物園なんていう批判もあるようですが、村人の皆さんはとってもサービス精神旺盛で、快く写真も撮らせてくださったり、機織りを見せてくれたり楽しかったです♪
 民族ごとの衣装が素敵ですよねー☆
 首長カレン族は存在感があり、同じカレンでも耳長族(首輪の無いおばあちゃん)は地味に見えちゃいました(苦笑)
 TVで夜は首輪取るとやってましたよ~
 毎朝つけるの大変ですよね。。

投稿: nami | 2012-10-21 11:11

私が行ったところと同じところでしょうか?
同じ人なんですけど すごく観光地化されています!
こんな風に 色々なかったし 見どころたくさんですね。

チェンマイはなみちゃん一人でまわったの?
すごすぎ~~

投稿: miho | 2012-10-21 16:20

☆mihoさん

 同じところですかぁ?
 後で昔のmixi日記にお邪魔して観てみま~す^^
 
 ここはチェンマイから車で3時間ほどの
 チェンマイとチェンライの間ぐらいの場所でした。
 入り口にも観光ナンチャラと書いてあるので、
 お客さん向けに雰囲気を作っているんでしょうね!

 チェンマイは5日間はお友達と一緒に回りました~♪

投稿: nami | 2012-10-21 21:27

mihoさんが行ったのは、場所的にはチェンマイのメーリムにある「バーン・トン・ルアン」の方みたいですよ~
私が行った時の様子↓
http://phyto.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-38d2.html

メーリムよりもこちらの方が広くて、
山合いにあるので普通の村っぽい雰囲気でしたよ♪

投稿: nami | 2012-10-21 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177509/47517674

この記事へのトラックバック一覧です: タイ・チェンライ アカ・ヤオ・ラフ・首長カレン 少数民族の村:

« タイ・チェンマイ メーカチャン温泉で足湯 | トップページ | タイ・メーサーイ~ミャンマー・タチレクへ国境を越えて  »