« タイ・メーサーイ~ミャンマー・タチレクへ国境を越えて  | トップページ | タイ・チェンセーン~ラオス ゴールデントライアングルを跨ぐ! »

2012-10-25

ミャンマー・タチレク シュエダゴン・パゴダ(寺院)

タチレクの面白市場から三輪車(タイのサムローみたいなの)
に乗って寺院へ向います~

Dsc_3554
 ガイドさんちゃっかり(常に)カメラ目線^^;

Dsc_3560
 「3人乗れるの~」と不安がる日本人ですが、
 タイ人ガイドもミャンマー人運転手もおかまいなし^^;
 (ちょっとキツイよーsweat02

Dsc_3568

 ミャンマーの寺院はタイよりもパステルカラーevent

Dsc_3570_2

 ミャンマーの男性はスカートはくって知ってました~?
 大学生かな?通学してます。
Dsc_3573
 上り坂にさしかかると、かなり失速・・・止まりそう(~~;
 そりゃー50ccのオフバイクだものねbicycle

 歩くほうが早い速度でガンバッテ登ると、
 仏像が迎えてくれます。

Dsc_3575

 寺院に到着。
 市街が一望できますよ~

『タチレイ・シュエダゴン・パゴダ』
 
Dsc_3584
 大きな仏塔が出迎えてくれますshine
 やっぱりタイと一緒ですね~

Dsc_3582
 境内は履物禁止なので、ずっと裸足です。
 山の上のせいか、とっても寒かった((~~))

Dsc_3586

 ミャンマーにはこんな面白い顔した人形が多い気がする~笑

Dsc_3588

 ただの人形でなく、幸福の鐘ですbell
 9回鳴らすとご利益?があるそうですよ。

 ずっと私たちを案内してくれた少年に見本を見せてもらう。
 (この歳でずっと寺にいるということは学校へ行くお金がなく
 お寺のガイドをしてチップをもらったり、土産物を売ったりしてます)

Dsc_3599

 ミャンマーの男性が写真を撮ってました~

Dsc_3603

 4体の大きな仏像にお参り。

Dsc_3606
 まずはタイ式のお参りをしたあと、
 日本式をお友達がガイドさんにレクチャーしてます♪
 仏教は世界共通ですねー

Dsc_3616

 寒い山の上から下山。
 ミャンマーの交通手段は車よりもバイクや三輪車が多そう。。
 
Dsc_3621

 民家が洪水してました(><)
 増水してなかったら、本当に泳いで国境渡れちゃいそうですねー

Dsc_3620

 イミグレが閉まる前(17時らしい)に、出国手続きします。
 1日パスなので遅れたら大変ですもんねー

 ちなみにすでに16時半。。。予定よりも2時間近くおしてます(^^;
 寄り道の多いガイド泣かせな私たち~

|

« タイ・メーサーイ~ミャンマー・タチレクへ国境を越えて  | トップページ | タイ・チェンセーン~ラオス ゴールデントライアングルを跨ぐ! »

旅 @ミャンマー」カテゴリの記事

コメント

☆タヌ子さん

>フランスに戻ったので、またブログ上でコメントできなくなりました(涙)
>ミャンマーは思ったより人々も明るく、まだ完全に民主化は進んでいなさそうだけど、圧政の名残を感じさせる雰囲気は何処にも見当たりませんね。
>強いて言えば、イミグレが17時で閉まっちゃうことぐらいかな(笑)
>山の上なのに、タイルの上を素足で歩くのは大変そう。
>スカートを穿いた若者は皆スリムなのに、鐘を担ぐお坊さん(?)のお腹は立派ですね。
>この笑顔で迎えられると、確かに幸福になりそうな気がする。

 フランスに戻られたんですねー
 ミャンマーはちょこっとしか観れませんでしたが、タチレクはタイとの行き来が多いせいか、とってもひらけてました♪
 ベトナムの時もそうでしたが、タイ人みたいに人なつっこくなく、ちょっとシャイなところが素朴でいいです。
 とちらかというと中華系・インド系が多い気がするので、歳をとると太っちゃうんでしょうか~~
 東南アジアでは日本人はデブに見えて恥ずかしいです(苦笑)
 ミャンマーのマネキンは変な顔が多くて、シャイな割りに実は面白いものが好きなのかなぁ~なんて笑ってました。

投稿: nami | 2012-10-27 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177509/47588236

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマー・タチレク シュエダゴン・パゴダ(寺院):

« タイ・メーサーイ~ミャンマー・タチレクへ国境を越えて  | トップページ | タイ・チェンセーン~ラオス ゴールデントライアングルを跨ぐ! »