« Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN @長野 ~生産者編~ | トップページ | 100円台スイーツで幸せ♪ »

2011-07-30

Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN @長野 ~お料理・高原野菜編~

「ヤムヤム@長野」のつづきです。

今回は、諏訪市出身のフードコーディネーターであり、
料理教室やタイ料理レストラン『coci』の料理人として、
またTV『めざましテレビフードONパレード』で腕をふるう
両角 舞さんがシェフでした!

<<メニュー>>

■“千曲市 中島農園さん”のウェルカムりんごジュース

■“木島平村 石川さんのズッキーニ”とインゲンのソムタム
 <タイ風サラダ>

■北信州の夏野菜と信州味噌のナムプリック・オン
 <タイ北部の野菜ディップ 辛味噌だれ>
 
~信州伝統野菜の八町きゅうり・丸なす・とうもろこし・ブロッコリー・セロリ・夏大根など~

■信州サーモンと“川上村 中嶋さんのレタス”と野沢菜のポピア・ソット
 <タイ風生春巻き>
 
~安曇野 大王わさびのマヨネーズソース・野辺山のヨーグルト味噌ソース~

■飯山市 JA北信州みゆき&高橋さんのみゆきポーク”のムー・トード
 <豚もも薄切り肉の揚げもの>
 
~セロリのナムプリック(辛味噌だれ)添え~

■みゆきポークのラープ・ムー・タクライ
 <タイ東北部の豚ひき肉和えもの>

■“南牧村 土屋さんのほうれん草”とキノコのカノムチーン・キァオワーン
 <タイ風つけ素麺>
 
~グリーンカレー味~

■軽井沢産ルバーブともち米のココナッツ風味デザート
 <カオニャオ・ルバーブ>
 
~“須坂市 太田農園/太田さんの巨峰添え~

■“岡谷市 御湖鶴(みこつる)の日本酒寒天ゼリー meetsかんてんぱぱ
 <タイ風つめたいデザート>
 
~中川村 GOKOとまとむら、プチトマトのコンポート入り~

今回定員50名をはるかに超えてしまったようで、
70名近くにまで膨れ上がり、スタッフ分の料理なし!!
(それが楽しみでボランティアしてんのにぃcrying

導線も悪くてお料理コーナーはすごいことになったので、
お料理の写真はこれだけです↓

5         <ソムタム>

6          <ポピア・ソット>
信州サーモンと、レタス、野沢菜、蕎麦も入ってるんです!!

11          <ナムプリック・オン>

これは優しい両角さんがスタッフに味見用に差し入れ♪
みんなで半分こしながら大事に食べました~(優しい味)

17          <ラープ・ムー・タクライ>

ソムリエ仲間さんが持って来てくれた味見用ですが、
この直後に説明をしなくてはならず、1口だけ。

19

20

       <グリーンカレー>

本当はカノムチーン(米素麺)にかけますが、
品切れだったのでジャスミン米にかけました~
配膳を手伝ってる傍でお腹がぐぅ~^^;
(開始直前にまかないを少し食べたけどねー)

7          <日本酒寒天ゼリー>

冷ややかで美味しそう~
トマトのコンポートが可愛らしいですね♪

ということで、お料理の味の感想はなし。m(__)m

お客様に振舞うのにコレってイイの?!とギモンに思うけど、
次回の課題でしょうね~

12
両角シェフ(真ん中)、ベトナム料理店やcociで働くシェフさんたち!!
皆さん、本当に優しくて、こちらの要望にも笑顔で応えてくださいました。

両角さんには食材・納品日変更やら、展示用野菜の保存方法などで、
うるさいことを言ってしまったのに、本当に快く受けてくださいました。

あまり表に出なかったけど、今回の主役さんたちですshine

14

タイのワイン“モンスーンバレー”各種。
SPY(軽いお酒)もスタンバッテ。

3

いざお料理が提供されると長蛇の列でした!!!

少ないスタッフ(@Tokyoメンバーも)が工夫して、
配膳がうまく流れるように頑張りましたが、
みなさん美味しく召し上がれたかしら?!


タイ観光局から挨拶、ダルニー募金の日本支部からPR、
会場を貸してくださった『十勝屋』さんからの挨拶、
両角シェフのお料理の説明、酒造会社さんPR、
中島農園さん、土屋農園さん、荻原ファームさんからPR、
その後に、私から『信州の高原野菜』についてお話をし、
土屋さんと質問コーナーをもたせて頂きました。

宴の席ですし、ほとんどの方が記憶に残ってないと思いますが、
こんなことをお話いたしましたよ。

★信州高原野菜について★

◎高原野菜と他の野菜の違い
 ⇒特別な野菜ではなく、普段食べている野菜。
 ⇒大きな違いは、標高1000m前後の高地でつくられていること。
 ⇒春、秋~冬にかけて作る野菜を、信州の高原では“夏”につくることが可能。

◎レタスを例にすると
 ⇒「暑さ」「雨」に弱い野菜といわれる。
 ⇒お花見が過ぎたあたりの、朝晩肌寒さが残る気温がベストシーズン。
 ⇒でも、肌寒い時期より、暑い夏場に食べたくないですか?!
 ⇒それを叶えたのが『高原野菜』。

◎信州の高原の特徴
 ⇒雨の少ない内陸性気候、標高が高い地形を活かし、
 ⇒昔暑くて作れなかった野菜を夏に作ることができるようにった。
 ⇒年間を通じ安定してスーパーに並ぶようになった。
 ⇒高原農家さんは、一年分を夏に一気に作って出荷する、夏が最も忙しい時期。
 ⇒私の実家も標高800mの高地で、夏に秋の味覚の栗や蕎麦を市場に出していた。

◎高原野菜の魅力 美味しい!
 ⇒標高2~3000mの山々に囲まれ、雪どけ水、澄んだ空気、朝晩の霧
 ⇒「みずみずしく、歯ざわりのよい」野菜が育つ
 ⇒高冷地は害虫被害が少なく、農薬が抑えられる
 ⇒高地は太陽の光が強い。
 ⇒昼日光をたっぷりあび(デンブンを蓄え)、夜に気温が下がることで糖に変わる
 ⇒「甘く、柔らかく、栄養価の高い」野菜に育つ。

◎体にもイイ!
 ⇒レタス、セロリ、枝豆、ソバ・・・イライラ、不眠を解消する、リラックス効果
 (節電でイライラするこの夏にピッタリ)
(省略)⇒ブドウ、ソバ、インゲン、アスパラガス・・・疲労回復に役立つ
 ⇒セロリ、キャベツ、トマト、大根・・・二日酔い、胃もたれを抑える
 (のんべいさんたちにうってつけ!)

(省略)産地から鮮度を保ったまま直送される信州野菜 ⇒ 足が速いので、買ったら早めに、たっぷり食べて!


★ほうれん草農家の土屋さんへ質問タイム★

①冬野菜のイメージがあるほうれん草。レタスやキャベツなどよりもさらに夏場に育てるのは難しいと思いますが、なぜ野辺山高原でほうれん草を作ろうと思ったのですか?

 →レタスやハクサイなど他の野菜も育てていましたが、被害にあったり栽培に難しい部分もあり、5年前から(新しいことにチャレンジ)ほうれん草を栽培することに切り替えた。あまり栽培農家がいないことや虫に強いのも特徴。

②スーパーで買う時のポイントや、夏場の保存方法について

 →株(茎)が太くしっかりしているものを選ぶこと。
 1本1本が太いものの方が良品。

③この時期オススメの食べ方、ほうれん草農家さんならではの食べ方は?

 →どんな料理にも合うが、胡麻との相性は特によいので、胡麻和えや胡麻ドレッシングなどがオススメ。

以上

説明がちょっと長すぎました・・・普通に話せば4分半程度。
ゆっくり丁寧口調にしたのが失敗ですshock
前日にまとめた一夜漬けでは、整理しきれなかったwobbly

聞いていただくより、聞かせるトークじゃないと、
お客様の話し声にかきけされて、どこまで話したかさえ
わからなくなって声のトーンも下がりました(ーー;

終わった後、独り大反省会ですbottle(やけ酒?!)


とっても勉強になりましたし、こんな機会は早々ないので、
反省や課題は残っても、達成感もありましたヨ(^_-)o


さて、次回は何県なんだろう?!

|

« Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN @長野 ~生産者編~ | トップページ | 100円台スイーツで幸せ♪ »

│野菜ソムリエ」カテゴリの記事

└日本の野菜・果物」カテゴリの記事

タイ料理」カテゴリの記事

コメント

南の国のお料理はカラフルで、元気がもらえそう。
スタッフの分がなかったのは実に残念ですね。
でも、それだけ人気があったということの証明だから、次にうまく繋げて行けそうですね。
人前で話すことって難しいですよね。
特に話声が聞こえてしまうと、意気消沈してしまうのも分かります。
回を重ねるごとに、徐々にお客さんの耳を惹きつける方法も自然に分かってくるはず。
反省がないといつまでも同じ位置にとどまってしまうので、反省材料があればある程ラッキーだと思えば良いのです!

投稿: タヌ子 | 2011-07-30 16:41

★タヌ子さん

 お料理の写真と味の感想がいえないのも残念でした~
 タイ料理が食べたくて(って怒られそう)手伝ってるのもあるので^^;
 定員をはるかにオーバー!本当にありがたい限りですね♪
 主催者さんのお人柄もあるんでしょうが、どんどん良い会になるといいです!
 反省があって次に活かせる・・・そうですね。
 今回の反省を繰り返さずに、もっともっと良いものにしていくチャンスと思うようにします(^_-)
 ありがとうございます。ちょっぴり元気が戻りそうです♪

投稿: nami | 2011-07-30 17:04

イベント大盛況ですね~、お疲れ様でしたshine
namiさんはじめスタッフの皆さんの力が終結されてのことですね!
高原野菜については知らないことばかりで勉強になりました。

ズッキーニのソムタムやお蕎麦を入れたポピアソットなど、
考えもつかないようなアイデア。でもなるほど~flair食べてみたくなります。

回を重ねるごとに素晴らしいイベントになりそうですねnotes

投稿: lemongrass | 2011-07-31 21:15

イベント、お疲れ様でした。
大変だったと思うけれど、達成感はあったんじゃないかなぁ?(^-^)

今度は、中央線沿線で、武蔵野野菜をテーマに如何ですかぁ?
なぁんて、私が行ってみたいだけですが(笑)

投稿: らびこ | 2011-08-01 05:45

☆lemongrassさん

 毎回思うのが、綱渡り状態でよくイベントが成立しているなぁ~と、
 関心しています^^; どう考えてもぶっつけ本番的な感じですよ。
 高原野菜は私も知らない事が多く、ついつい伝えるポイントが
 絞り込めませんでした…
 色んな苦労があって高原野菜としてブランド化されたようですね!
 これからは注意して買いたいと思いました(^_-)

 ズッキーニのソムタムは実は私がオススメしました♪
 野菜ソムリエになる時のカルテで作った料理ですが、
 色々と試し、若めのズッキーニの歯ごたえが一番よかったんですよ~
 ぜひ試してみてください。今回はジャガイモも入ってました☆

投稿: nami | 2011-08-01 09:04

☆らびこさん

 主婦をしていると、こういうイベントでもないと頭を使わないので、
 良い刺激になっていると思います!

 中央線、武蔵野野菜!!
 わたしがやりたいです(^_-)
 ただ東京都は47都道府県の最後になるんじゃ?!と思われ、
 まだまだ遠い~~ですね(^^;
 (何年後なんだろ?それまで続けてられるのかしら?!)

投稿: nami | 2011-08-01 09:06

yum!yam!のイベントお疲れ様でした。準備など大変なことだったと思います。
信州野菜を使ってのタイ料理。
ズッキーニをソムタムにするんですね。
盛況のようでしたが、試食できなくて残念でしたね。
お料理の写真やお客様がたくさんみえたことからして おいしかったに
違いないでしょうね。
高原野菜の特徴 改めて知りました。
農薬も少ないのですね。体にもいいということでたくさんいただきたいですね。

投稿: cinnamon | 2011-08-01 10:24

すご~い。大活躍ですね。
成功の手ごたえ、大きく感じたようで、よかったですね。
お疲れさまでした。

投稿: Yoshi | 2011-08-01 12:17

☆cinnamonさん

 バンコクでの野菜教室に比べれたら、私たちはお手伝いなので、
 楽だと思いますが、気疲れしちゃいました(^^;
 信州野菜とタイ料理って不思議な組み合わせですよね~
 夏野菜はまだわかりますが、タイでは上物はなかなか買えない、
 玉レタスやほうれん草、巨峰などはアレンジ大変だったと思います。
 高原野菜は、ただ時期をずらしているだけと思ってましたが、
 旨味や栄養価もあることがわかり、私自身も勉強になりました♪
 夏休みは帰省予定なので、高原野菜をたっぷり食べてきます(^_-)

投稿: nami | 2011-08-01 14:22

☆Yoshiさん

 振り返ってみると… そんなに大した活躍はしてませんでした(^^;
 自分がやってて楽しいかどうかは…?? 地元農家さんがHappyにならないと成功ではないと思うので、もう少しやってみないと正直わかりませんねぇ。。

投稿: nami | 2011-08-01 14:26

namiさ~ん
お疲れ様でした!そして参加出来て嬉しかった~
遊び過ぎた(笑)一時帰国、やっとYum!Yum!の記事にたどり着けま~す。

ところでnamiさんの高原野菜などの説明があって分かりやすいので
ブログからリンクさせてもらってもいいですか?
私のブログだけでなく、コミュニティのブログにも載せる予定なのですが(コピーね^^;)

またまた、日本に帰った時には遊んで下さいね~❤

投稿: Madam M | 2011-08-08 09:00

☆マダム♪

 今回はヤムヤムに参加いただいて、ありがとうございました♪
 率直な感想やご意見もお待ちしてますよ~!

 マダムのブログも少し拝見しましたが、連日猛烈な勢いで日本を満喫されてて、
 相変わらずのアクティブさが伝わってきました♪
 もちろんマダムのブログでもご紹介してください(^_-)
 光栄です☆
 それからコミュニティブログにも載せてくださるんですか!!
 一時帰国される方が楽しめるイベントにしなくちゃですね~
 報告内容など@Tokyoとして発信してるものなので(今回は皆さんに相談できなかったけど)、
 @Tokyoとして紹介してくださ~い♪

投稿: nami | 2011-08-08 11:50

namiさん、了解しました!どうもありがとう♪

namiさんのブログからだとコミュニティのブログに
私が写真などのコピーが貼れないので、まず私のブログをコピーさせてもらいますね♪
(お笑い系、そしてお客様としての感想になってしまいますが)
そこで@東京として、リンクでこのブログに飛べるようにさせてもらいたいと思います。
明日あたりにはUP出来るかと思っています。

それと、東京のメンバーにも新しいブログのパスワードなどメールで送りますね。
東京での新しい情報も、書き込みしてくれたら嬉しいなあ。

当日はみなさん、にぎやかにそして楽しんでらっしゃいましたよ♪
Partyに一番大事なのは、人の輪や笑顔だと思うから、大成功だったと思います!!!
大変だと思うけれど、とっても楽しみにしているので頑張ってね❤


投稿: Madam M | 2011-08-08 21:02

☆マダム

 お気遣いありがとうございます♪
 メールの方に返信しますね~
 マダムの記事も楽しみ(^_-)

投稿: nami | 2011-08-09 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177509/41008169

この記事へのトラックバック一覧です: Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN @長野 ~お料理・高原野菜編~:

« Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHEN @長野 ~生産者編~ | トップページ | 100円台スイーツで幸せ♪ »